おたぐり

おたぐり

馬の腸を塩味で煮込んだ長野県南部の郷土料理。南信州で「おたぐり」を食べ始めたのは、明治時代後半ではないかと思われます。そして、商売として始められたのは、大正時代。現在、国内で馬の内臓を食べるところは、長野・熊本・滋賀・奈良・山梨・北海道の一部だそうです。また、場所により呼び名は違うようです。「おたぐり」という呼び方は、飯田地方で生まれ育ったものです。

おたぐりとは? 伊那谷(長野県飯田市付近)の郷土料理。馬の肉を塩味で長時間煮込み、好みで唐辛子や味噌などで味付けをしたもつ煮。酒のつまみとして好む人も多いが、独特の匂いを嫌う人もいる。名前の由来は、馬の腸を洗う際に、たぐって寄せたことから。
どこで食べられる? 伊那谷(長野県飯田市付近)の居酒屋、定食屋、郷土料理店など。お土産としても人気があり、通販を行う店舗もある。
参考情報 「おたぐり」が食べられる市内の飲食店一覧
(情報提供:はらぺこチャンネル)

人気の記事(過去7日間)