甕えみさんの書を展示

110

飯田駅観光案内所は、書家・甕(もたい)えみさんの作品の展示を始めました。

甕さんは高森町在住。
2000年から、心と身体を結んだ書道教室「風の谷教室」を主宰しています。

基礎と基本、古典を繰り返し学んだ経験の上に、インスピレーションを生かしながら大きな筆を使って身体全体で描くワークショップなどを開催。
洋服作家や音楽家、舞踏家などとのライブパフォーマンスでは、線と墨色を生かした作品を生み出しています。

出展いただいた作品は、
「大空を信頼し  風をつかみ  高く  遠く  あの鷲のように」
という言葉をつづった大作。

「オーストラリアの先住民、アボリジニの本を読んだ時、大空を、大きな翼を広げて悠々と飛ぶ一羽の鷲が浮かんできた。作品を制作する際にその時の鷲の姿が浮かび、一気にしたためた言葉」といい、「不安で一歩踏み出せなかった自分の中から湧き出てきて、自分を信じたいという思いになれた言葉」と甕さん。

背後には、音楽家との即興ライブで自由に書いた作品を添え、「駅に隣接する場所なので、たまたま訪れた方たちの心に響く書であればうれしい」と話しています。

甕さんの大作を前に思わず足が止まり、作品の世界に入り込む方もいます。
独自の視点で書を追求する甕さんの作品を、ぜひご覧ください。

展示は8月いっぱいを予定しています。
motai

☆展示を希望される方も大歓迎!
絵画や写真などお持ちの方は、飯田駅観光案内所 電話52-2946までご連絡ください。

 

2 拍手