【ナビ記者通信】南信州獅子舞フェスティバル

181

昨日(10/16)ですが、飯田市で南信州獅子舞フェスティバルが行われました。

この地方では獅子舞が盛んなのです。本来なら地元の各神社などで行われている獅子舞が、年に一度集まってのイベント。今年は20組の団体が参加しました。
全部は紹介出来ませんが出会えた出し物を紹介します。順不同です。

獅子舞で多いのは、屋台獅子。代表的な獅子は東野の大獅子ですが、これには参加しません。規模が大き過ぎるのです。
豊丘村河野大宮神社。獅子を操るのは3人のおかめ。

獅子は雌獅子との事ですが、牙があります。

阿智の黒丑。獅子ではなく、黒丑の舞いです。

最後に頭がド~ンと上がります。背中に女性の太鼓というのも珍しい。

演武場所は中央通りをメインに6カ所。時間ごとに一斉に移動します。

松尾の寺所獅子舞。獅子を操るのは天狗です。

演武中に口を開くのは1度だけです。

上中村の獅子舞は、こちらでは数少ない神楽獅子です。

子供獅子やひょっとこも加わり、賑やかに舞います。

ひょっとこはユーモラス。

神楽獅子はもう一組。伊那から参加のの小出太鼓。

本来は太鼓がメインのようですが、ここでは獅子が前に。なかなかアクロバットな舞いをします。

高森町吉田神社の獅子舞。

規模は小さいようですが、なかなかの迫力。

飯沼諏訪神社奉納音楽獅子舞です。

今回は子供獅子との共演も。

こちらは太鼓だけの団体、橋北屋台囃子。
吟遊打人の塩原さんの指導で、一時途絶えていた地元の屋台囃子を復活させたチーム。小学生からシニア世代まで、幅広いメンバーですね。

鼎 名子熊の獅子。

大きな屋台獅子で、動きもダイナミック。

鼎の獅子を続けましょう。こちらは下山の獅子舞。なかなか激しい動きを見せます。
こちらも鼎で、中平の獅子舞。青い幌の獅子にキツネとおかめが付きます。

おかめは、若い女の子のようですね。

鼎をもう一つ、東鼎の獅子舞。王様が付いています。

今回特に気に入ったのは、この子供獅子。動作はバッチリ合っています。将来が楽しみ😁

こちらは天昇オロチ。南信州複合芸能文化の会という所の出し物。地域や神社とは関係がないようです。角は鹿ですね。

今回は刀で切りつけるという演出。なかなかですね。

最後に天昇オロチが飛び出すのはお約束。

加賀須獅子は喬木村の獅子舞。激しく動きます。

龍江の大獅子です。木彫りではなく張りぼてですが、獅子頭は日本最大級の大きさ。

今回は子供獅子と共演。

噛み噛みサービスでは、一番人気ですね。

昨年は小雨が降ったり止んだり。その点今年は恵まれて、秋晴の快天。会場移動でしっかり汗をかきました。

(10/16 撮 ナビ記者)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 拍手