くだもの狩り

img_title_kudamonogari

p_sakurankogari

※2016年6月版

さくらんぼ狩り

初夏の自然の恵み「さくらんぼ」。南信州でさくらんぼを栽培する農家は多く、近年人気を集めています。さくらんぼ狩りの最大の魅力は高級フルーツのさくらんぼを思う存分食べられること! 採りたての甘酸っぱいさくらんぼの味はもちろんおいしいこと間違いなし!

さくらんぼ狩りの期間は短く、例年予約でいっぱいになってしまうということなので早めのご予約をお勧めします。ご家族・お仲間の皆さんでご一緒にぜひお越しください。

さくらんぼ狩りの受付期間

さくらんぼの種類によって若干異なりますが、およそ6月上旬から7月上旬までとなります。詳細は各観光案内所、農園までお問い合わせください。尚、当日対応は困難なため、必ず予約してお越し下さい。

p_nashigari

※2016年8月版

なし狩り

南信州地域は長野県代表する「なし」の一大産地。南信州では多くの農家さんが栽培をしています。そんな「なし」はりんごと共に大人気! 透明でしゃきっとした歯触りと瑞々しい果汁が口いっぱいに広がり、甘くておいしい! もう一口もう 一口と食べ進めていけるのも、なしの特徴の一つです。

梨には様々な種類があり、「和梨」「西洋梨」「中国梨」と3つに分けられ、長野県で主に栽培されているのが「和梨」になります。和梨の中に果皮が色により、「赤梨」と「青梨」に分けられ、そこから幸水や南水といった品種に分けれます。

なし狩りの受付期間

なしの種類によって若干異なりますが、およそ8月中旬から10月中旬までとなります。詳細は各観光案内所、農園までお問い合わせください。

p_ringogari

※2016年8月版

りんご狩り

きれいな空気・水・大地が特徴の中央アルプスのふもとの南信州で育まれた「りんご」はまさに自然の恵み。南信州は日中の高温と夜間の低温との寒暖の差が大きい地域です。その独特な気候は南信州のりんごに良い影響を与え、果肉と味をギュっと引きしまったものとしてくれます。

長野県(南信州地域)は、全国でも有数のりんご栽培が盛んな地域。 秋の収穫シーズンになると南信州のりんごを求め全国から多くの方々がこの南信州を訪れます。 南信州のりんごはとってもおいしいです!

ぜひ皆様にりんご狩りに来ていただき、採りたてのりんごを召し上がっていただきたいと思います。

りんご狩りの受付期間

りんごの種類によってりんご狩りの時期は異なりますが、8月中旬から12月上旬ごろまでりんご狩りが楽しめます。サンふじという種類のりんごを育ている農家さんが最も多く、そのサンふじの収穫時期の11月上旬から下旬にかけてがりんご狩りの最盛期です。予約なしでもりんご狩りが可能な農園さんも多くあり、気軽にりんご狩りを楽しむことができます。