[ナビ記者通信]お練りまつりの獅子舞

314

南信州には多くの獅子舞が伝承されています。その数凡そ90とか。
お練りまつりの参加団体は47ですが、その半数以上は獅子舞です。
全部の獅子は撮れていませんが、遭遇出来た分を紹介していきますね。順不同です。
上黒田獅子舞・・・上郷の上黒田八幡社に伝わる獅子舞です。

np_20160331_oneri1

名古熊獅子舞・・・明治時代から伝承されています。カミカミサービス中^^

np_20160331_oneri2

七椙(ななすぎ)の獅子・・・松川町の七椙神社に江戸時代から伝わる舞。
小学6年生のおかめが華を添えています。

np_20160331_oneri3

龍江一区の大獅子・・・始まりは昭和3年。大きな獅子頭は、地元の壮年団や職人の手作り。
高さ1m、巾1.4m、竹製の張子です。それにしてもユーモラスな顔ですね^^

np_20160331_oneri4

中平獅子舞・・・始まりは昭和8年。狐とおかめが三位一体となっています。

np_20160331_oneri5

上茶屋黒獅子・・・平成6年に地域起こしで発足。宇天王と猿が付きます。

np_20160331_oneri6

代田獅子囃子・・・七椙獅子のスタイルを継承しています。主役は稚児舞の方かな?^^;

np_20160331_oneri7
駄科南平獅子・・・こちらは親子獅子ですね。

np_20160331_oneri8

寺所獅子舞・・・松尾の鳩ヶ嶺八幡宮と弁天厳島神社に奉納される獅子舞。宇天王は天狗ですね。

np_20160331_oneri9

羽場獅子舞・・・権現堂の獅子とも言われるように、元白山神社に伝わる。こちらも親子獅子ですね。

np_20160331_oneri10

阿島獅子・・・カミカミサービス中^^メンバーは29歳以下の青年との事です。

np_20160331_oneri11

阿智黒丑舞・・・こちらは獅子ではなく黒丑ですね。背に太鼓を載せ、最後に頭が高く上がります。

np_20160331_oneri12

鹿塩獅子舞・・・大鹿歌舞伎で知られる大鹿村の獅子舞。王も歌舞伎っぽいですね^^

np_20160331_oneri13

加々須獅子・・・喬木村の加々須大宮諏訪神社に伝わる獅子舞。低い姿勢から立ち上がります。

np_20160331_oneri14

下殿岡獅子・・・江戸時代から伝わる獅子舞。獅子がカメラ目線ですね~^^;

np_20160331_oneri15

上山獅子舞・・・始まりは昭和9年。舞の最後は所望された所の中に舞い込みます。

np_20160331_oneri16

韓鄕(からくに)神社獅子舞・・・喬木村の韓鄕神社に伝わる歴史の古い獅子舞。
胴の部分に車は無し。人が担ぐかご獅子です。

np_20160331_oneri17

新田(しんでん)虎舞・・・こちらは獅子ではなく虎。狐とヒョットコが付きます。

np_20160331_oneri18

山本南平獅子舞・・・武田信玄が一対の獅子頭を寄贈したのが始まりと言われています。
一人立ちの舞でヒョットコも登場します。

np_20160331_oneri19

福島牡丹獅子・・・豊丘村の福島春日神社に伝わる獅子舞。幌に牡丹が染められています。

np_20160331_oneri20

麻績(おみ)神社若連中・・・獅子を操るのは、梅王・松王・桜丸の三兄弟。移動は肩車で^^

np_20160331_oneri21

以上21団体を紹介しましたが、これが全てではありません。今回撮れなかった皆さん、失礼しました。
獅子舞以外の団体紹介は次回と言う事で・・・つづく

(3/36・27 撮 ナビ記者2)

0 拍手