【ひさかた和紙展】飯田駅観光案内所

210

飯田駅観光案内所では「ひさかた和紙展」が始まりました。

長野県飯田市・下伊那地方では元結産業を背景に、江戸時代後期から明治20年年代にかけて県内有数の和紙の産地でした。中でも下久堅は良質の水に恵まれ、原料となる楮(コウゾ)の産地も近いことからもっとも盛んでした。

ひさかた和紙ができるまでの、年間スケジュール・作業工程・活動の様子がわかります。

 

駅構内展示スペースには和紙を作る道具、簀桁(スケタ)・原材料の楮(コウゾ)・ひさかた和紙で作られた熨斗(のし)も展示しています。

地域の伝統文化である、ひさかた和紙を保存継承し更なる発展を目指しています。
年間を通して、原料栽培から紙漉きまで多くの作業を「下久堅ふれあい交流館」で体験することができます。
是非、本物の「伝統工芸体験」に下久堅へお越しください。

 

展示:8月20日まで

主催ひさかた和紙保存会/ひさかた和紙の里プロジェクト/下久堅公民館
お問い合わせ下久堅公民館 TEL:0265-29-8001

2 拍手