金田 千鶴

金田 千鶴

豊かな感情と知的な純真さで優れた作品を残したアララギ派の女流歌人。明治35年泰阜村平島田に生まれる。高等女学校を卒業後、結婚するがまもなく離婚、帝国女子専門学校に進学するが結核を病んで帰郷。療養のかたわら820首の短歌を残したが、33歳の若さで亡くなった。

読み かねだちづ
分野 歌人
出身地 泰阜村
生没年 1902~1934

人気の記事(過去7日間)