【南信州の方限定】南信州ふるさと再発見のたび 参加者募集中!

274

~南信州・ふるさと再発見の旅~
私どもは、全国に向けて南信州の多様な魅力に触れていただく各種ツアーの企画・募集を
手掛けており、南信州在住の方に限定した「南信州・ふるさと再発見の旅」を実施しております。
さて、令和4年6月~7月に企画・実施いたしますツアー(№7-9)をご案内申し上げます。
是非、この機会にご参加いただき、南信州の魅力に触れていただければ幸いです。
なお当ツアーは、新型コロナウィルスの感染防止対策を施した上で実施いたします。

南信州・ふるさと再発の旅パンフレット・申込書

 

 

 

 

 

江間北条氏の所領・伊賀良圧に鎌倉武士の足跡を巡る(ツアー№7)

中世、屈指の広さを誇った伊賀良庄は、鎌倉幕府執権 北条時政・義時父子以降、
北条一族「江間北条氏」が治めました。殿岡の地は、家臣の四条金吾頼基が代官として館を
構帰依する日蓮上人には、ここから「串柿」を送ったと伝えられます。
また江間氏開基の開善寺、木曽義仲ゆかりの地、鎌倉幕府御家人・梶原景時の祖とも言われる
鎌倉権五郎景政の伝説地も訪ねます。

・期日 6月25日(土) 日帰り
・旅行代金 14,500円(税込)
・申込期限 6月11日(土) ※先着順
■詳細・申込についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

天竜川水系の二つのダムと❝暴れ天竜❞に挑んだ江戸時代の人々(ツアー№8)
南向ダムは水力発電のため天竜川本流に建設。ダム湖周辺の自然に溶け込んだ美しい景観は必見です。
小渋ダムは高さ105mのアーチ式ダムで国直轄の多目的ダム。普段近づくことができないダム堤体を
歩きます。また、「暴れ天竜」とも呼ばれる天竜川には、江戸時代に度重なる洪水に悩まされた人々が築いた
貴重な堤防跡が残っています。

・期日 7月10日(日) 日帰り
・旅行代金 14,000円(税込)
・申込期限 6月25日(土) ※先着順
■詳細・申込についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

❝塩の道❞秋葉街道「青崩峠」の古道を歩く(ツアー№9)
信州遠山郷と遠州水窪町の間にある秋葉街道「青崩峠」は、峠付近が中央構造線の破砕帯でもろくなっており、
山腹に広がる青い岩盤から「青崩峠」と名付けられました。今回は、浜松市水窪町側の整備された石畳の
古道を歩きます。武田信玄の徳川領侵攻の際には信玄もここを通ったと伝えられ「武田信玄公腰掛岩」も
あります。また近くには、鎌倉幕府5代執権・北条時頼が「廻国」の際、この地で重病になり、
神主の看病により平癒したと伝わる足神神社も参拝します。

・期日 7月17日(日) 日帰り
・旅行代金 14,000円(税込)
・申込期限 7月2日(土) ※先着順
■詳細・申込についてはこちらをご覧ください。

 

お問い合わせ・お申込み
㈱南信州観光公社
TEL:0265-28-1747
FAX:0265-28-1748
HP:https://www.mstb.jp/

1 拍手