伊豆木のさば寿し

伊豆木のさば寿し

秋の伊豆木八幡宮のお祭りには、神様に供えるとともに、家庭でもさば寿司を作って食べることから「さば鮨まつり」ともいわれているる。塩鯖が使われる伊豆木の鯖鮨は、三州街道を運ばれた。鯖鮨のルーツははっきりしないが小笠原長巨がこの地に封ぜられれてからとも、関ヶ原や大阪の陣に出陣する際に兵糧食として「鮨」が食べられたことからはじまったともいわれる。長巨が京都の方から鯖鮨の調理法を聞いて領民に伝えたものと考えるのが穏当か。

さば寿しとは? 伊豆木八幡宮のお祭りには、神前に鯖の「姿ずし」を供える。一般家庭でも、祭りの日にはさば寿司をつくり、古くから食べられてきた郷土料理。
どこで食べられる? およりてファーム、りんごの里

人気の記事(過去7日間)