五平餅

五平餅

ご飯を多少粒が残る程度につぶした(「半殺し」)ものをわらじ型もしくは団子型に整形し、串に刺して焼き、味噌や醤油をベースにし胡桃や胡麻、山椒の芽などを加えたたれを付けて食す。江戸時代の中頃、わらじ型の五平餅を、ふたつの団子状のものを竹串に刺した、いわゆる「眼鏡型」としたものが、飯田の五平餅として今に伝えられている。南信州には、わらじ型と眼鏡型の五平餅がある。

五平餅とは? 三河・遠州・南信州にまたがる「三遠南信」地域で古くから食べられてきた郷土料理。ご飯を多少粒が残る程度につぶした(「半殺し」)ものをわらじ型もしくは団子型に整形し、串に刺して焼いたものに、味噌や醤油をベースにし胡桃や胡麻、山椒の芽などを加えたたれを付けて食す。
どこで食べられる? 伊那谷・木曽谷の郷土料理店、ドライブインなど。お土産としても人気があり、通販を行う店舗もある。
参考情報 「五平餅」飲食店一覧(情報提供:はらぺこチャンネル

人気の記事(過去7日間)