田井沢ナス

天龍村の伝統野菜「田井沢(ていざ)ナス」。天龍村神原地区に住んでいた田井沢久吉さんが、、明治20年(1887年)頃、東京の種苗店から種子を取り寄せて栽培が始まったといわれています。

最初に栽培を始めた田井沢さんの名前にちなんで「田井沢なす」と命名されましたが、地元では親しみを込めて「ていざなす」と呼んでいます。7月~11月まで収穫でき、大きいものは1kgにもなります。大きくても種が少ない。実が柔らかく、甘みが強い。天龍村内各施設で購入できます。

天龍村内で購入できる場所 おきよめの湯,ふれあいステ-ション龍泉閣,天龍農林業公社
料金 天龍村内:1本(400g以上)180円(変動あり)
お問い合わせ先 天龍村 おきよめ観光協議会:天龍村振興課(0260-32-2001) ・ おきよめの湯(0260-32-3737)
おきよめの湯:住所 長野県下伊那郡神原5786-14
アクセス 車:中央道飯田山本ICより国道151号経由約1時間 / 電車:JR飯田線平岡駅下車 村営バス30分(おきよめの湯)

人気の記事(過去7日間)