慈恩院山門(豊丘村)

慈恩院山門(豊丘村)

鎌倉時代の開創で、伴野庄の地頭の菩提寺でした。当時のものと思われる宝篋印塔が残っています。山門は、三間一戸の四脚楼門で美しい門です。鐘楼を兼ねていましたが、鐘を戦争中に供出し、平成2年新しく別に鐘楼が建立されました。

エリア 豊丘村
アクセス 中央道松川ICから20分
お問い合わせ先 交流センターだいち
電話番号 0265-34-2520
入館料 無料
定休日 特になし

人気の記事(過去7日間)