文化

南信州の文化を紹介します。

菱田 春草

横山大観とならび、明治時代の近代日本画界を代表する画家。明治7年に飯田の仲之町に生まれた。日本美術院に参加して岡倉天心の指導を受け、「落葉」「黒き猫」などの傑作を残し明治44年に病没。飯田美術博物館に...

柳田 國男

日本民俗学の創始者。兵庫県の出身で旧姓は松岡。東京在住の旧飯田藩士、柳田家の養子となり、本籍を飯田に置いた時期もあった。数回におよび飯田を訪れ、伊那の民俗学徒を指導。阿南町新野の雪祭りや盆踊りを全国に...

日夏 耿之介

明治23年に当時の飯田町に生まれる。詩人、文学者、翻訳家として多彩な文芸活動を展開。独特の美意識に貫かれた詩風は高い評価を受け、自ら「ゴスィック・ローマン詩体」と称した。大学教授を歴任し、晩年は郷里で...

田中 芳男

天保9年に現在の飯田市中央通りに生まれる。幕末から明治にかけて活躍した博物学者。幕府の蕃書調所に出仕し、パリ万国博などで日本の物産をヨーロッパに広めた。明治に入ってからは通産省の前身である物産局を創設...

椋 鳩十

「大造じいさんとガン」「マヤの一生」など400余りの名作を残した動物文学・児童文学作家。明治38年に喬木村阿島に生まれ、大学卒業後は鹿児島県に教員として赴任しながら作家活動を展開。教科書にも多くの作品...